露空軍機が米首都を飛行【空から互いに監視するオープンスカイ条約】非武装とはいえロシア軍が米国防省・CIA上空を飛ぶのは心理戦か?!

2017/08/21   -

武装していないロシア空軍機が、米国政府機関等の様子を監視する為に、米国の空を飛行した。米連邦議会議事堂や国防総省、中央情報局(CIA)などの上空を飛行したという。

【米ロ】非武装のロシア軍機、米首都を飛行 国防総省などを「監視」

まずはニュースを見てみよう。

非武装のロシア空軍機が9日、米連邦議会議事堂や国防総省、中央情報局(CIA)、アンドルーズ統合基地の上空を低空飛行した。今回の飛行に詳しい関係者2人が明らかにした。米ロ両軍が上空からお互いを監視することを認めた「オープンスカイ条約」の一環だという。

(中略)

捜査当局筋はCNNに、同機がこのほか大統領専用の山荘キャンプデービッド、バージニア州にあるトランプ大統領のゴルフ場、緊急時の政府移転先に指定されている機密掩ぺい壕のひとつ「マウントウェザー」の上空も飛行したことを明らかにした。

(中略)トランプ氏が夏休みに滞在しているニュージャージー州ベッドミンスターの上空も飛行する見通しだという。

via CNN.co.jp : 非武装のロシア軍機、米首都を飛行 国防総省などを「監視」

武装していないロシア空軍機が、米国の空から米国政府機関等の様子を監視する為に飛行した。軍事拠点の監視は緊張を高める行為ではあるが、「オープンスカイ条約」で加盟国に認められた行為である。オープンスカイ条約は34カ国が参加している。

広告

ロシア空軍機が上空を飛行した場所には、

  • 米連邦議会議事堂
  • 国防総省
  • CIA
  • アンドルーズ統合基地
  • ワシントン中心部
  • 大統領専用の山荘キャンプデービッド
  • トランプ大統領のゴルフ場
  • 緊急時の政府移転先に指定されている機密掩ぺい壕のひとつ「マウントウェザー」

が存在する。トランプ氏が夏休みで滞在しているニュージャージー州ベッドミンスター上空も飛行する予定だそうだ。抜かりない。

 

CNN

 

クランキー通信の見方・コメント

クランキー通信の反応は… 

オープンスカイ条約についてもう少し詳しく見ておきたい。以下はフジテレビのコラムより引用。オープンスカイ条約について載っている。

注視すべき相手の動きを、衛星や偵察機、艦艇で探る。これは、安全保障上、重要なことです。そして、探られる側も、自分たちの動きが相手にいらぬ誤解を招く要因とならないよう、条件つきで相手に見てもらう。このために、アメリカ・ロシア・ヨーロッパ各国は、空から相互に査察するための「オープンスカイ条約(1992年)」を結んでいて、2014年現在の加盟国は34カ国にのぼります。

via www.fnn-news.com: 解説委員の眼

米国やヨーロッパ各国、そしてロシアが加盟している。ヨーロッパ地域の条約の為、日本のメディアではあまり取り上げられることがない。知らなかった人も多いのではないだろうか。米露関係を知る上でおさえておきたい情報だ。

 

関連書籍

 

オープンスカイ条約についてはコトバンクも参考にしよう。

オープンスカイ条約、すなわち領空開放の条約ということ。
北大西洋条約機構(NATO・西側)と旧ワルシャワ条約機構(ソ連側)の加盟国である計24か国が調印した。米国もロシアも加盟している。
軍事地域を含む全領土で、制限外の兵器保有・奇襲のための兵力集結などが行われていないかを、加盟国が互いに空から監視できる内容だ。

ところでなぜ今なのか、非武装のロシア空軍機が監視の為に米国上空を飛行したのは。

「グアムで何かしたら…」トランプ氏が北に警告|読売新聞

それは言うまでもないが、米国と北朝鮮による緊張状態を受けて決定されただろう。米国もバカではないので、見せられないものは屋内で隠れて…。

2ちゃんねる反応をチェックしてみよう

露空軍機、米首都上空を飛行 ニュースについて、以下2ちゃんねるより。

 

2:
ヤバいなこれ

 

3:
いよいよ始まるのか

 

4:
よく分からん条約だな

 

9:
何だよ、お互いの理解と信頼を高めるのなら
まったく問題ないじゃないか

 

50:

>>9
問題ないどころか不要な摩擦を無くす優良条約だな

見られても困らないものは見せる
これをうまくやらないとイラクみたいにカタにハメられる

 

11:
こんな条約あったんだな初めて知ったわ
というかよくこんな内容で締結できたなw
いくら非武装の偵察機限定だと言っても、軍用機を領空に入れるなんて信じられんわ

 

19:
高高度を無断で飛んでた時代に比べりゃ平和になりましたな

 

21:
今は衛星写真が発達してるので必要性は薄いんじゃないのかな
まあ、軍用艦の表敬訪問の儀式みたいなものかと

 

23:
監視衛星がオッケーだし非武装の戦闘機飛んでもたいした問題じゃないでしょ

 

24:
非武装でも高解像撮影や各種電波受信し放題なんだろう、いいのかそれ、馴れ合いか?台本通りなのか?w

 

30:
おなかをさらけ出して見せ合うやつね。

 

36:
合意の上か、しかし差し迫ってきたな

 

39:
これ要はアメリカもロシアも信頼してまっせっていう北に向けての宣言
今回の件についてロシアはアメリカと合意してるという決定的な証拠

 

40:
爆弾積んでないとなぜわかる?

 

44:
どちらにしろ偵察衛星で筒抜けやろ

 

http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502422809/

 

クランキー通信にはコメントを設置しています。書き込みたい方はこのまま下へどうぞ。
スパムや誹謗中傷対策の為に承認制としています。
承認されなくても泣かないで下さい。承認の遅さには自信があります。

 

クランキー通信作成の投票にご協力お願いします

トランプ政権は米露の対立を回避できますか?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

-外交
-,